イメージ写真

 

大切な人へ「心の栄養」とも言われる「本」のプレゼントをしてみませんか?

たくさんの種類の中から、あなたが相手のことを真剣に考え、読んで欲しいものを送ることで、ほかの物とは少し違った心に残るプレゼントになること間違いなしです。

なお、本屋さんでも、本を贈る日として、サン・ジョルディの日(4月23日)を設けたりしています。

 

本屋さんでもラッピングしてくれますが、

せっかくその方のために選んだ本をプレゼントするなら、メッセージも添えて、ラッピングにもこだわりたいですよね。

ここでは、本を簡単におしゃれにラッピングする方法を紹介します。

 

 

不器用さんでもできるラッピング

参考写真

紙袋・シール・リボンはすべて100均で用意しました。撮影・グッドブックス

 

市販の可愛らしい柄のラッピング袋と、シールを購入します。

袋は本が入る大きさのもので、あまり大きすぎたり、小さすぎないないほうがいいでしょう。

 

大きすぎると余分なすき間ができて見た目が悪くなり、小さすぎれば袋を開けた際に本が取り出しづらくなってしまうためです。

適切な大きさの袋を使って、口の所を折り込んで閉じます。

おしゃれなシールを張るなどすれば、見た目がより華やかになります。

 

 

包装紙と麻の紐を使ったラッピング

包装紙・麻ひも・紙レースは100均のものです。撮影・グッドブックス

包装紙・麻ひも・紙レースは100均のものです。撮影・グッドブックス

 

包装紙と麻の紐を使ったラッピングは、見た目がとてもおしゃれになります。

 

まずは包装紙で本を丁寧に包装することから始めます。

包み方としては、たわみやシワがつかないように丁寧に折ることと、正面の部分に折り目部分がこないようにすることが重要です。

こまめにテープなどでとめて包むといいでしょう。

 

包装が終わったら、麻の紐を十字になるように巻き、結び目をリボン結びにします。

リボンの下にレースペーパーを敷いたりすると、より華やかな印象になります。

 

 

英字新聞を使ったラッピング

英字新聞はコンビニや駅売店にあります。毛糸は100均のものです。撮影・グッドブックス

英字新聞はコンビニや駅売店で!毛糸は100均のもの。撮影・グッドブックス

 

英字新聞を使ったラッピングは、見た目がスタイリッシュで洗練されたものになります。

 

上記の、包装紙で包む方法と同じように丁寧に包み、麻ひもや毛糸などで巻いてリボン結びにします。

 

和紙を使ったラッピング

和紙とリボンは文具店で買いました。撮影・グッドブックス

和紙とリボンは文具店で買いました。撮影・グッドブックス

風合いのある和紙を使ったラッピングもあたたかみがあり、よろこばれます。

 

和紙の中央に本を置き、上下を折ります。

左右を握りこんで中央にまとめ、リボンなどでくくります。
くくった根本を可愛いリボンなどで結ぶと、やわらかい感じのラッピングが完成します。

完成写真のような市販のリボンを付けると華やかさが増しますよ。

 

 

100均グッズでラッピング

箱・リボン・中のふわふわ紙テープは100均のものです。撮影・グッドブックス

箱・リボン・中のふわふわ紙テープは100均のものです。撮影・グッドブックス

 

今の時代、100円ショップには可愛いプレゼント用の包装道具がたくさんあります。

そこで、箱を使ったラッピングを紹介します。

 

まず、本が入る大きさの箱を用意します。

長方形で高さの低い、本にピッタリな箱はなかなかないもの。

タオルの箱や頂き物をした際の箱を取っておくといいでしょう。

 

箱の中にふわふわの紙テープなどを敷き詰め、その中心に本を入れます。

箱に梱包し終えたら、包装紙で包み、リボンを箱に十字を刻むように巻きつけます。

*きれいな箱の場合、そのままリボンをかけてもいいでしょう。

 

 

 

シンプルだけどおしゃれなラッピング

リボンは100均のものです。

リボンは100均のものです。撮影・グッドブックス

シンプルでおしゃれなラッピングの方法としては、本を隠さずに包装するという方法があります。

本に直にリボンを巻きつける方法ですが、注意点としてはリボンで表紙のタイトルが隠れないようにすることが重要です。

 

このラッピング方法では、リボンを斜めかけにするのがおすすめです。

斜めかけの方法は、YouTubeなどで説明しているサイトが参考になります。

なお、絵本はカバーがビニールコーティングされているのでそのまま包装しても良いのですが、

汚れやすいカバーの本の場合は、透明のビニールで包んでからリボン掛けすると丁寧です。

 

 

こんなふうにきれいに包装してもらうと、本たちも喜ぶことでしょう。