グッドブックスは、「この本に出会ってよかった」と喜ばれるような本を出版してまいります。

オリンピックエピソード付き なるほど、ナットク! 世界の国旗《60カ国》

まずは60カ国から始めよう!

世界の国々のことを知れば知るほど、その人の世界は広がっていきます。
国際化社会の現代、その知識はすでに必須とも言えます。

 

そこでオススメしたいのが、その国の成り立ちや文化が詰まった「国旗」。
国旗を知ることが、国際理解に大いに役立つのをご存じですか?

 

ただし、世界にはおよそ200カ国もの国々がありますから、
まずは歴史的に知られた国や大国と呼ばれる国、日本と関係の深い国、
特徴のある国旗をもつ国など、60カ国を選んでいます。

 

名前を聞いたことのある国がほとんどなので、
まずはこの60カ国から攻略してみましょう!

本書に登場する国々

※クリックで画像が拡大します。

 

オリンピックにまつわる面白いエピソード

著者の吹浦忠正氏は、かつて東京オリンピックと長野冬季オリンピックで
組織委員をつとめています。
そこで経験した国旗にまつわるエピソードをコラムに収録。

 

また、現在、「週刊新潮」で「オリンピックトリビア」という連載をもち、
オリンピックにまつわる面白いエピソードを紹介しています。
そんな著者ならではの興味深いオリンピックエピソードが各国別に収録されています。

 

なるほど、ナットク! の構成

出版されている国旗の本のほとんどが地域別の構成ですが、
本書では、国旗のデザインの特徴から構成しています。

疑問をもって、知って、ナットク!のつくりです。

国と国とのつながりも見えてきます。

 

1章 国旗には太陽がいっぱい    

太陽を国旗のモチーフにした国は少なくありませんが、その表現はさまざま。

日本の「日の丸」は英語で“rising- sun flag”と呼ばれ、朝日ですが、
ポーランドは夕日です。

また、「日の丸」のように太陽を円で表すものもあれば、
半円で表すもの、光線を描いたものもあります。

太陽の色も、赤、黄、オレンジ、白…。
太陽を描いている国の特徴とは?

 

太陽をあらわす国旗(1章)

 

2章 ヨーロッパに三色旗が多いのはなぜか

ヨーロッパの国旗には旗を3分割した旗が多く見られます。

では、最初に三色旗を用いたのはどこの国でしょう?
フランス? いえいえ、違います。

しかし、もっとも有名なのはフランスの「トリコロール」ですね。

「トリコロール」はフランス革命の時に掲げられたものですが、
19世紀の初めにあいついで独立した中南米諸国の国旗に影響を与えたのもこの旗です。

 

三色旗(2章)

 

3章 旗の中の絵にはどんな意味がある?  

国旗には、動物や植物や建物などの絵のほか、
紋章やしるしを入れたものも少なくありません。

そこには何が描かれているのでしょうか?

星座を描いたのはブラジルで、独立した日の朝の星空(南十字星)を表しています。
じつはオーストラリア、ニュージーランドの国旗にも南十字星が描かれていますが、
それらの共通点はなんだと思いますか。

こんなふうに共通点や相違点を比べていくことで、
各国の歴史に自然と触れることができます。

旗の中の絵の意味(3章)

 

章 英国旗や星条旗に似た旗があるのはなぜか

イギリスの国旗「ユニオンジャック」とアメリカの国旗「星条旗」は有名ですが、
それに似たデザインの国旗は少なくありません。

「ユニオンジャック」が付いているのは、
オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、ツバルなどの国旗。

「星条旗」に似ているのは、チリ、リベリア、キューバ、フィリピンの国旗。

さて、なぜそうなったのか知っていますか?

英国旗や星条旗に似た旗(4章)

 

章 宗教や国の考えを示した旗   

大きな十字が描かれているのは
スイス、ギリシャ、ジャマイカなどですが、
十字と言えば何を表すでしょう?

ロシア、セルビア、チェコなどの国旗は白青赤の三色。
とてもよく似ていますが、なぜそうなったのでしょうか。

黄色の星が描かれているのは、中国とベトナム。
ここにもちゃんと意味があります。

イスラム教国の国旗にも共通するものがありますね。

いろいろ比べて、考えてみましょう。

国の考えや宗教(5章)

 

章 国旗のデザインを変えた国々

1964年の東京オリンピックには94の国と地方が参加しましたが、
その後50年あまりのうちに46カ国もの国々が1回以上、国旗を変更しています。

カナダ、ドイツ、タイ、ルワンダもある理由のもと、
デザインを変更していますが、その理由には深い訳があるのです。

 

国旗を変えた国(6章)

 

章 めずらしい形やデザインの国旗

世界の国旗には、共通点のあるものや、もともと同じ国だったことから
似たデザインの例もありますが、他と際立った特徴をもつものもあります。

それをまとめてみたのがこの章です。

ウクライナ、パラオ、ラオスは国の美しい風景を
色や形で表していると言われますが、
デザインの向こうにどんな景色が見えるでしょうか。

めずらしい形やデザイン(7章)

 

国旗を覚えるための工夫

国旗には似たデザインも多く、一度に覚えるのは簡単ではありません。

そこで、こんな工夫をしてみました。

本文レイアウトイメージ

 

※クリックで画像が拡大します。

 

【旗覚え歌】

「自由平等 博愛示す 三色旗(フランス)」

「ベネズエラ 黄青赤に 星8つ」

「イスラムの 発祥の国 旗に聖句(サウジアラビア)」

というように、ゴロで覚えると旗のイメージがスッと入ってきます。

 

【塗り絵】

読んで知る、だけよりも、色えんぴつで旗を塗ることで、
色やデザインに込められた意味がよく入ってきます。

 

【吹浦式国旗早覚え法】

著者は小学4年生の時に国旗のデザインに興味を覚え、
その後、国旗を学問と実用の両面から研究してきました。

その成果の1つが「吹浦式国旗早覚え法」。
こんな法則があったなんて、目からウロコですよね。

吹浦式国旗早覚え法

 

国旗のデザインが大好きな子供たちにも読めるよう、
本文すべてにルビを振っています(小学校高学年から)。

 

「国旗について知ることから始まって、その国の歴史や現状を知り、
何かその国のために役立って欲しいのです」

そう著者は願っています。

子供から大人まで、楽しみながら、世界を広げていける本です。

 

 

〈著者プロフィール〉

吹浦 忠正(ふきうら ただまさ)

1941年秋田市生まれ。早稲田大学政経学部卒、同大学院修了。学生時代にオリンピック東京大会組織委専門職員、その後、国際赤十字海外駐在代表、長野冬季五輪組織委儀典担当顧問、埼玉県立大教授、東京財団研究推進担当常務理事などを務める。
現在、評論家、世界の国旗研究協会会長、難民を助ける会特別顧問、社会福祉法人さぽうと21理事長、ユーラシア21研究所理事長、法務省難民審査参与員など。
著書に、『世界の国旗』『国旗ビジュアル大事典』『国旗クイズ図鑑』(以上、学研)、『国旗総覧』(古今書院)、『国旗で読む世界地図』(光文社新書)、『日の丸の履歴書』(文藝春秋)、『赤十字とアンリ・デュナン』(中公新書)、『捕虜たちの日露戦争』(NHK出版)など多数。週刊新潮に2015年元旦号以来「オリンピック・トリビア」を連載中。

 

なるほど、ナットク!世界の国旗《60カ国》

2016年6月17日発売!
オリンピックエピソード付き なるほど、ナットク! 世界の国旗《60カ国》』

吹浦忠正著

A5判並製 152ページ 定価1300円+税
ISBN978-4-907461-10-2 C0025

ご購入はこちらから

グッドブックス・オンラインブックストアは全品送料無料&
グッドブックスオリジナルグッズプレゼント!
プレゼントの詳細はこちら

 

 

吹浦忠正氏の講演会を開きませんか?
 『なるほど、ナットク! 世界の国旗《60カ国》』の著者・吹浦忠正氏は、国際赤十字やNGO難民を助ける会、青年海外協力隊を育てる会(現・協力隊を育てる会)を通して海外支援の仕事をされてきました。一方で、国旗研究家として東京オリンピックと長野冬季オリンピックで国旗の作製・監修を担当されています。
 現在では、国旗を通した国際理解に情熱を注がれ、とりわけ青少年向けの講演会活動に意欲を燃やしておられます。
 このたび、本書の発刊を記念して講演会のご依頼を受け付けております。
 ご予算に合わせますので、ご希望の方はお名前・ご連絡先・希望日などをお書き添えのうえ、お問い合わせよりお気軽にご相談ください。飛行機イラスト

《講演の対象》小学生から大学生、保護者、教職員の方々と、幅広く対応いたします。

《講演テーマ》「国旗を知れば、世界がわかる」「国旗を通して国際理解を深めよう」など。

《講演内容》世界の国旗の話をメインとして、その中に「グローバルリーダーとなるための条件」、「国際協力の仕事の現実」、「諸外国の方と交流の際に大切にしたいこと」、「オリンピックにまつわるエピソード」などを盛り込むことができます。

グッドブックスの本
ショッピングページはこちら
グッドブックスのブログ
グッドブックスの自費出版

メルマガのご登録/解除は
こちらからどうぞ

PAGETOP
Copyright © グッドブックス All Rights Reserved.