殿堂入りメールマガジン「Japan On the Globe 国際派日本人養成講座」で『日本の死活問題~国際法・国連・軍隊の真実』が取り上げられました。

テーマは慰安婦問題。文政権が発足し、不可逆的に解決したはずの問題が再燃しそうな中、この問題を日本としてどう理解し、受け止めるべきかについて、
ひとつは、歴史的な事実に照らした観点から、もうひとつは国際法や条約など法的観点から、非常にわかりやすく解説されています。

『日本の死活問題』は法的観点で考える際の参考図書として特にお勧めくださっています。ありがとうございます。
http://blog.jog-net.jp/201707/article_3.html