犬の聖地?

 

三峯神社に行くと、犬を連れた方をけっこう見かけます。

ここは標高1100メートルの山頂。

お散歩のついでに行くような神社ではないので、わざわざ何時間も掛けて犬と一緒に来られたはずです。

ここの神社の御眷属(神の使い)が犬の先祖といわれる山犬=オオカミだからでしょうか?

 

御眷属のオオカミを彷彿とさせる甲斐犬

 

あるとき、境内で惚れ惚れとするような犬に出会いました。

 

甲斐犬

 

座った姿も、立ち姿も凜々しく、三ツ鳥居のそばや、参道の途中にいらっしゃるお犬さま像に似ています。

飼い主さんにお話をうかがってみると、その犬は甲斐犬で、犬の先祖オオカミに近いのではないかとおっしゃいました。

しかしこちらはまだ幼犬だとのことで、飼い主にじゃれている姿などは確かに幼な児のようでした。

成犬になるともっと凜々しいようです。

 

甲斐犬は、ずば抜けた運動能力や危険を察知する能力に長けていて、必要以外は吠えない、かしこくて優しい犬。

こちらからはケンカを仕掛けることは滅多にないが、いざとなったら(相手が危害を加えてきたら)、命がけで応戦するとのこと。

気高さと優しさを兼ね備えた武士のようではありませんか!

 

生態系のトップに君臨していたニホンオオカミ

 

古くからこの山に棲み、生態系のトップに君臨していたニホンオオカミもそのような性格だったのではないでしょうか?

 

それは、やがてヤマトタケルノミコトの道案内したとの物語となり、

江戸時代には、オオカミの描いたお札が諸国に出され、すぐれた霊験があったことからオオカミ信仰が広まって行くのです。

(グッドブックス  良本和惠)

 

【お知らせ】来たる7月13日(金)に出版記念撮影会をおこないます。
写真家・山崎エリナさんと三峯神社の氣を味わい、写真を撮りませんか?
詳しくは、こちらをご覧下さい>>> 少人数で行いますので、きっと楽しい会となりますよ~
一眼レフでもスマホでもOKです。

 

『三峯神社 開運ビジュアルブック』(山崎エリナ写真、三峯神社協力、グッドブックス刊)は、四季折々の三峯山の姿、祭祀の模様、歴史、境内案内と、写真集+ガイドブック的要素を盛り込んだ、美しい本です。

詳しい内容は、こちらへ >>>

三峯書影

ご購入はこちらから

オンラインショップでご購入の方全員に、グッドブックスオリジナルしおり&一筆箋をプレゼント
本書は、全国の書店、アマゾンでも販売中。