三峯鐘楼

 

朝夕、三峯山に鳴り響く鐘の音

 

三峯神社に泊まったことのある方ならお気づきでしょうが、

朝夕、ゴーン、ゴーンと鐘の音がお山に響き渡ります。

 

興雲閣の裏手にある鐘楼(上の写真)で神社の方がついているのです。

あれ、変じゃない?

そう思われた方も多いかと。

 

鐘楼があるのはお寺ですもんね。

では、なぜ?

 

神仏混淆のお山

 

三峯神社の1900年の歴史をひもといていくと、とても興味深い日本の宗教観のようなものが見えてきます。

明治以前にはこの境内には神社と寺が共存し、その名も「三峯山観音院高雲寺」でした。

お坊さんは天台宗、真言宗、修験道を兼務したそうです。

つまり、三峯神社では神仏混淆の時代が長く続いたのです。

 

明治時代になり、神仏分離が行われたとき、お山は神社となるのですが、

歴史的に価値のある鐘楼や、山門、お寺の本堂を残したのです。

 

山門は仁王像を移転させて随身門に、

本堂は、いま喫茶室(小教院)になっています。

随身門や小教院をご覧になる際に、往時の様子を想像してみるのもいいですね。

 

さて、三峯山に響く鐘の音を聴いていると、

都会の喧騒を離れ、ふるさとに帰ってきたような安らぎを覚えます。

 

ちなみに鐘楼の鐘は、江戸時代初期の1657年に、陸奥盛岡藩のお殿様から寄進されたものです。

360年前の鐘が今なお現役で、しかも神主さんによってつかれていると思うと、なんだか不思議ですね。

 

(写真と文 グッドブックス 良本和惠)

 

三峯神社の興味深い歴史の話が盛りだくさんの『三峯神社 開運ビジュアルブック』

詳しくは、こちらから>>>

三峯書影