三峯神社のご霊験のひみつ

 

関東最大のパワースポット

霊氣みなぎる聖地

などと言われ、御利益は半端ないと人気の三峯神社。

 

それはなぜなのか?

 

三峯神社の1900年の歴史を学んだときに答えのひとつを見つけたような気がしました。

 

並々ならぬ先人達の努力と祈り

 

こんな険しい山の中の聖地を守ろうとした先人達の懸命な努力と祈りがあったのです。

また、その努力に対して後を継ぐ人々が感謝の祈りを献げ、今と未来のために努力した。

 

その象徴とも言えるのが祖霊社です。

 

祖霊社

 

ここには、聖地を守ってきた先人達の御霊(みたま)が祀られています。

そして、毎日、感謝の祈りが捧げられています。

何度かその様子を拝見する機会がありましたが、お社に対する神主さんのお辞儀にその心を見たような気がしました。

 

標高1100メートルの山頂で聖地を守るには並々ならぬ思いがなければ果たせなかったはずです。途中、何度か廃れた時期もあったようですが、天才的な先人が登場し、復興を果たしていかれました。その魂は今もなお三峯の地にあって、お山を職員の方々を、そして参拝者を見守ってくださっているい違いありません。

 

本殿

祖霊社は、本殿の右横にあります。

三峯神社へ参拝の折には、ぜひこのことを思いだし、祖霊社にもお参りくださいますように。

 

(写真と文 グッドブックス 良本和惠)

三峯神社の1900年の歴史については、『三峯神社  開運ビジュアルブック』をご覧下さいませ。

詳しくは、こちらへ>>>