有名出版社から出版する方法  

どうせなら誰でも知っている有名な出版社から出版したい。

その気持ち、とても分かります。講談社や新潮社で本を出したとなると、それだけでステータスがぐんと上がりますから。

でも、そんなことできるの?という方のために、ひとつの考え方をお伝えします。

 

自費出版から始めよう

 

なんだ、自費出版か~
と思われましたか?

ここは考えようで、自分のステータスを上げたいとか、今後、著者として生きていきたいという希望をお持ちなら、この選択肢は大いにありそうです。

そもそも、有名著者を多く抱えている大手出版社が、無名の人の原稿を本にしてくれる確率はとても低いものです。そうとう強力なコネがあれば話は別ですが。

 

しかし、昨今の出版不況で、大手といえど経営的に苦戦していますから、制作費を著者が持ってくれる自費出版はありがたい存在です。

それに、大手出版社もたいてい自費出版の子会社をもっていたりします。

なので、うまい具合に原稿を持ち込めたとして、最初に勧められるのはほとんどが自費出版でしょう。問題は、ここからです。

 

自費出版の一顧客で終わらないために

 

実際に原稿を持ち込んで「自費出版で出してみませんか?」とか「自費出版専門の子会社を紹介します」と言われたとします。

大手出版社本体での出版と自費出版専門の子会社での出版のふたつの道があるとしたら、

自分は自費出版であろうが本体で出版したい旨を話します。

会社名の後にカタカナでいかにも自費出版の会社で出したと思われるよりも、可能性があるのなら、本体で出したいですからね。

その条件についてもよく聞いておきましょう。

また、たとえ自費出版専門の子会社でしか出版できなかったとしても、一般の方は分からないでしょうから、そこで良い本を出すことを目指しましょう。

 

編集者に一目を置かれる存在になろう

 

いずれにせよ、編集者との間でやり取りが始まってから、編集者に、これはひょっとして大物著者の卵かもと、一目を置かれるぐらいの努力や情熱をもって取り組むことです。

そこまでいかなくとも、いい加減な仕事をしては申し訳ないと編集者に思わせるくらいの存在になりましょう。

もちろん、そのためには、自分が出版によって何をしたいのか、そのために努力をいとわないくらいの覚悟が必要です。

 

それなりの費用が掛かります

 

大手から本を出すとなると、それなりの費用がかかるでしょう。制作費の目安は2~300万円はかかると思われます。

また、できた自費出版本を本屋さんやネット書店で売ってほしいと思った場合、そこそこの販売手数料が取られることを覚悟しましょう。

相当売れないと、持ち出しになることになりかねません。1冊いくらとなっている会社もあれば、売り上げから手数料を引くなど、会社によって様々でしょうから、聞いて、よく理解してから判断したほうがよいでしょう。

それでも、自分の本が本屋さんに置かれたり、ネット書店で買えるのは、著者のステータスが上がるし、広告効果となるもの。販売手数料は自分が世に出て行くための広告料と思って、気持ちよく出すくらいがいいでしょう。

そうして、できるだけ話題の本になるように自ら宣伝して、2冊目で商業出版を狙う。こういう戦略もひとつの方法かと思います。

(書籍編集者 良本和惠)