世間は、すっかり正月ムードですね。

 

うちの事務所がある日本橋本町界隈に人の気配はなく、
老舗の集まる室町は、賑わっています。

 

ほとんどの方々が、仕事を忘れ、のんびりと過ごしている時、
猛烈に仕事に集中している人がいます。

 

 

お正月に、夏休み、ゴールデンウィーク、シルバーウィークと
世間が1週間近く休んでいる間は、
日頃、超がつくほど多忙な著者にとっては格好の執筆時なんです。

 

なので私は著者に、この期間を利用して、集中して執筆いただくお願いをしてきました。
「腹をくくって、毎日1章ずつ書いていただけませんか」とお願いし、
シルバーウィークに300ページもの本の原稿を仕上げてしまった先生もいます。

 

著者って、正月休みだって、人付き合いで忙しいんじゃないの?
と、こんな声が聞こえてきそうですが、
「この期間は執筆に専念する」と宣言すれば、周りは納得するのです。

 

で、今年の年末年始、どなたがそれをおやりになるのかというと、
山本トースネスみゆきさん、この方です!

 

 

来年2月出版予定の『セルフイメージ革命』(仮)
こちらがいま、執筆の佳境を迎えているんです。

 

この本、普通の読み物ではありません。
書き込み式で、7週間後には自分らしい私になっている、という仕掛け。
その手がかりはすべて体の中にあるというユニークな本です。

著者がアメリカやオーストラリアで学び体験したエッセンスを
うまく1冊に凝縮させています。

 

右が山本トースネスみゆきさん。左はわたしです

 

デザインを担当しているのは、
編集部の社員で、デザイナー兼イラストレーターの浦谷。
思わず書き込みたくなる本をめざしてやっております。

 

ということで、わが社は、来年、
既存の本作りにとらわれない本に挑戦してまいります。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

(良本和惠)