グッドブックスは、「この本に出会ってよかった」と喜ばれるような本を出版してまいります。

書込式・7週間セルフイメージ革命

 

めまぐるしく動く現代社会、その大きな落とし穴は、

「本来の自分を見失っていく」方向にあると言ってよいでしょう。

 

キャリアを積んで人が羨むような仕事をしている人が、

孤独感や不安を抱えて自己不信に陥っていたり、

 

美貌と知性と社会的地位を兼ね備えたような人が、

劣等感にさいなまれてついにうつ病と診断されたり……。

 

本書にはこうした実例が数多く出てきます。

 

著者の山本トースネスみゆきさんは、

アメリカやオーストラリア、そして日本で、

1000人以上の人々とのカウンセリングを通して、

現代人の内面に巣くうものと向き合ってきました。

 

山本トースネスみゆきさん山本トースネスみゆきさん

 

あなたの中には、

 

「ほら、また失敗して。いい加減にしなさいよ」

「わたしはやっぱり欠陥品」

「いい年をして、あなた何様だと思っているの?」

とささやいてくる「自分」がいないでしょうか?

 

 

それを必死ではねのけ、ポジティブシンキングで頑張ろうとすればするほど、

ちょっとした失敗で、「それみたことか」と、声は大きくなっていきます。

 

あなたの足を引っ張っているように見える「自分」。

じつは、あなたを傷つけないように一生懸命守っているだけなのです。

 

著者の師匠であるヒューストン大学のブレネー・ブラウン博士は、

人間に普遍的に横たわる「恥の感情」に着目し、

それを認めることこそが自分らしい輝きに出会う道であるとTEDトークで主張し、

世界中で注目をあびました。

(著者は、ブラウン博士のアジアにおける唯一の弟子です)

 

本書は、人間の本当の輝きは、傷つきやすさやもろさと同居しているとの前提に立って、

ワークを通して「輝き」を自らつかんでいく内容となっています。

 

 

 

 

本書は基本的に、左ページに導入と解説、右ページに書込式の

ワークブック形式です。実例もふんだんに入れてあります。

 

 

 

1日1ページのワーク、これが週に5日、

一歩一歩、本当の自分と出会う旅を進むような構成となっています。

 

旅の主役は、読者であるあなた。

著者はファシリテーターとして、あなたの旅が成功するよう導き、見守る役です。

 

本書を購入した方には、WEEKごとに著者からの応援メッセージが無料動画と共に届きます(要登録)。

↑著者から毎週届くメールから、アクセスできる動画(YouTube)の例です。イントロダクション〜WEEK7まで、その週のワークで気をつけることや、目指すポイントなどについてくわしく知ることができます。

 

また、イラストを多用したホッとするデザインがあなたの心をほぐし、ワークを進めていくモチベーションを高めてくれることでしょう。

 

 

 

「答えはあなたの中にある」と語る心理学系の本は多くありますが、

本書は、頭の中にそれを求めるのではなく、

呼吸の深さや体の反応、湧いてくる感情といった確かな手がかりを元に探っていきます。

 

本書のワークは、著者がアメリカで学んだ、心身医学、ボディサイコロジー、スピリチュアリティ、死生観、行動心理学、統合医療、社会心理学、行動心理学の概念を統合して、読者のために新たに作り上げたものです。

 

実際の講座で学ぶと、十数万円に相当する内容がぎゅっと一冊にまとめられているため、たいへんお得です。

 

 

 

 

では、各週の内容を紹介しましょう。

 

 

WEEK1 等身大の自分から始めよう

 

 

理想の自分と現実の自分はどの程度の開きがあるでしょうか。

まずは、ありのままの自分の姿を鏡に映し出すように、正直に書いていきます。

本書で何を得たいのかといった気持ちも確認していきます。

 

 

WEEK2 呼吸で心の状態を知る

 

 

内面をリアルタイムに表し出すのが呼吸です。

どんな時に自分がストレスを感じ、どんな時に心が穏やかになっているかを観察することで、これまで置き去りにしてきた本来の自分に近づく一歩となります。

 

 

WEEK3 体の声を聞く

 

 

私たちの体は、思考が生まれる前にすでに反応していることが分かってきています。

体の反応をボディマップに書き出していくことで、これまで心の底に押し込めてきた「こうしたい」といった願望に迫っていきます。

 

 

WEEK4 やっかいな感情を味方につける

 

知性と感情を比べて、下のランクに位置づけられてきた感情。

もやもやする、頑張っているのに空しいといった漠然とした心の声が、

じつは本当の自分を見出すための道標となってくれます。

ボディマップを使って、感情と体の感覚をつなぐ練習をします。

 

 

WEEK5 あなたの輝きをさえぎる仮面

 

 

人は成長と共に仮面を身につけていきます。

自分を守るための仮面が、自分を見失い、本来の輝きを奪っているとしたら?

仮面を使って隠そうとしているどろどろとした本音や人に見せたくない姿を明らかにすることで、その奥にある輝きに迫ります。

 

 

WEEK6 あなたの輝きをキャッチしよう

 

 

長年押さえつけてきた本来の自分を再確認する週です。

これまで身につけてきた様々なツールや視点を活かして、

さらに心の奥深く探り、本来の輝きをキャッチします。

 

 

WEEK7 バージョンアップしたあなたの誕生

 

 

自分本来の輝きは、小さなアクションを重ねることで本物となります。

言い訳にしていることや恐れ、障害を検証し、大切な一歩を踏み出します。

ゴールでは、セルフイメージ革命を遂げ、バージョンアップした自分と対面します。

 

 

7週間後のあなたは、きっと自信を内に秘め、輝いているはずです。

さあ、1日少しの時間を見つけて、宝探しの旅に出かけましょう!

 

 

<著者プロフィール>

山本トースネスみゆき

看護師を経て1995年に単身渡米。米国で看護学士号・修士号を取得後、在宅ホスピスナース、緩和スペシャリストとして在宅緩和ケアの臨床・教育・コンサルティングに携わる。看取りの仕事を通して、心と体の関連、スピリチュアリティ、死生観に着目し、独自の活動を展開。18年間の海外生活をへて2013年帰国。人間に普遍的に横たわる「恥の感情」に着目して脚光をあびたブレネー・ブラウン博士に師事し、アジアにおける唯一のファシリテーターとして活躍。EQカレッジを主宰。心身医学・死生観、人間関係システム論・体感ベース心理学・脳科学などの科学的な理論をベースとして、セミナーや企業研修を国内外で展開。人間の可能性や喜びを引き出すためのプログラムをデザインすることを特徴とし、各地の自治体やヤマトホームコンビニエンス(ヤマト運輸グループ)などでの研修は好評を博している。

EQカレッジ http://www.eqcollege.net/

 

 

好評発売中!
書込式・7週間セルフイメージ革命』

山本トースネスみゆき著

A5判並製 144ページ 定価1600円+税
ISBN978-4-907461-08-9 C0011
2016年3月4日発売

 

ご購入はこちらから

グッドブックス・オンラインブックストアは全品送料無料&
グッドブックスオリジナルグッズプレゼント!
プレゼントの詳細はこちら
★ご感想ありがとうございます!★

(以下はすべてamazon.co.jpより引用)

本当の自分に出会うための本

この本は、タイトルにもあるように、直接本に書き込んでいくスタイルで進んでいく。書き込んでいく過程は、正直楽しいばかりではなかったがたくさんのことを気付かせてくれた。
自分の呼吸、体の反応に全く目を向けていなかったことはショックだった。本書の中に出てくる事例もとても分かりやすい。時に力をもらい、共感しながら読み進められた。

本書を全部書き込み終えた時、自分が真にありたい姿にたどり着いた。その姿を思うだけで、自然に笑顔になり歓喜が体中に広がる。本書を読む前には感じることのできなかった感覚を持つ事ができた。ゼヒ「読む」のではなく、自分の手で「書き込んで」いただきたい本だ。
(投稿者・taka様、投稿日・2016/8/29)

世界に一つだけの本になりました!

「書込式」だからこそ、ぼんやりとかんがえながら自分と向き合ったり、発見があったことを言葉として記すことができて、とても理解が深まりました。何よりも、「誰にも見せられない」私だけの世界に一つだけの本が出来上がります!! 見返すと、恥ずかしい!でも、見返せるから今の変化に気づきます。書き込んだ内容は、真新しくならった専門用語をまとめたものではなく、自分が小さいころから、知らないうちに思い込んでいたこと、未来へ向けて、変化しようとしている、ありのままの自分がそこに詰まっているから。左側に大切なポイントの記述があり、右側に書き込めるイラストや吹き出しを使ったスペースがあり、飽きずにあっという間に読み進められました。
これからのセルフイメージ革命のパートナーにして、見返しても楽しみたいです。
(投稿者・ナポママ様、投稿日・2016/9/4)

マイペースで宝探し

仕事でも私生活でも、何となく満たされないと感じていたときに手に取った本です。7週間のワークを終えましたが、呼吸や体の反応に気づくためのトレーニングと書き込みを継続しています。
この本で紹介されている呼吸や体の感覚に目を向けることを習慣化できれば、自分が心地良いと感じることを選択する感度が上がります。物事や人との関係の捉え方、楽しいと感じること、新しいことに挑戦しようという意欲、本や人の話から受けとるメッセージが心地よいものに変化したと感じています。
成長することは良いこと、成長するためには嫌な事を避けてはいけない、という先入観がありましたが、発想の切り替えができるようになりました。
自分が心地良いと感じるものを選び、体の状態から嫌な感覚を覚えるもは避れはよい、と思えば悩むことも減らせます。
一巡目は青色、二巡目は緑色というようにペンの色を変えて書き込みを続けると、変化が分かるように記録できます。(投稿者・Amazonカスタマー様、投稿日・2016/9/16)

自分ペースの7週間
私の7週間を終えました‼︎
本を手にして半年が経ちましたが、最後は、一日で何ページも進めたくなる状態でした。
半年間、いろんな出来事がありましたが、革命を起こすのに必要な時間だったと思います。
本に帰ると、自分に戻る感覚がでてきました。
これからも読み返したりして、次に進もうと思います(^o^)
自分と向き合える本に出会うことができました!いい機会をありがとうございました‼
(投稿者・もも様、投稿日・2016/9/30)
変わりたいけど、何をどう変えたらいいのかが分からない…と感じている方にオススメします
「本に書き込んでいいの?!」
私の考えはそこから始まりました。
今の自分だから、この本と縁があったのだと思います。
自分らしく生きること。
簡単そうで難しく。
難しそうで簡単で。
本を開き毎日少しずつワークしてみると、ひとつひとつ謎解きのように解れていく感覚がありました。

変わりたいけど、何をどう変えたらいいのかが分からない…と感じている方にオススメします。
(投稿者・そらのほし様、投稿日・2016/10/6)

自分を客観的に見直す体験
7週間のセルフイメージ革命、先日終了しました!
動画が届くシステムがとても画期的で、著者に会えるようで楽しかったです。
また、著者の経験や相談者の事例にも共感できることが多かったです。
自分で書き込んだ内容を後から見直すのも興味深く、どんどん新しい自分になっていく感覚がありました。
最後の方は、「なんか私、悩んでたっけ?」と思えるほど今の生活、今の自分に割と満足していることに気づけました。
でも、こんなに自分の内面と向き合ったことはなかったし、いい経験でした。
2016/10/12)
私って何者?
他人の感情の浮き沈みや、言動がもつ意味はなんとなくわかるものの、本当の私の感情は?求めているものは?私らしいってなに?という質問には答えられずにいました。
しかし、この本を読み、ただただ指示にしたがって書き込んでみると、私ってこんな身体の感覚をもっていたの??こんなマイナスの感情をもっていたの??等々、薄々はどこかでわかっていたものが露呈されます。
心を知ることは興味もありながら、こわいものです。しかし、自分の感情に気づきそれを抑えずに消化していくトレーニングをすることで、少しずつ自分に優しくできるようになりました。
一週間に一度の著者の動画配信にも勇気をもらいます。ストレスをセルフコントロールする方法も記してあります。
自分の中で、なぜ私はこんなにイライラしてるの?モヤモヤしてるの?落ち着かないの?
そんな思いのある方にぜひチャレンジしていただきたい本です。
2016/11/12)

体験型の自分探しの旅

この本は、読むことによって自分への気付きと、素直な気持ちや『今』感じた感覚を書き出す事による潜在意識の気付き体験が出来る本だと思います。自分を知るのは簡単な様でとても難しく、でもこの本は沢山の違う角度から自分を知ることが体験出来てとても面白かったです。
(投稿者・hanna様、投稿日・2016/12/17)

自分のための処方箋を作る

 設定してある期間は、著者のガイドを読んだからこそ、本当に色々気づくことがありました。
はじめは、呼吸法のところでは、どこに連れていかれるんだろうとか、心と体は別のものでしょうと抵抗したりしてみましたが、案外、呼吸を意識することで自分がわかるという、大事な大事な自分が、これから、どこに行こうとしているのか解るようになります。呼吸が浅いときは避けるとか、自分のための自分の処方箋を書くことができます。【自分で動くしかないのです。】と力強く導いてくれた著者に感謝感謝です。
(投稿者・oh!様、投稿日・2016/12/26)

 
 
 

 

★「熊本こころの復興イベント」ご報告と御礼★

熊本こころの復興イベント画像

↑クリックすると大きな画像が開きます。

6.11熊本こころの復興イベント、大盛況でした

山本トースネスみゆき著・『書込式7週間セルフイメージ革命』
『ボディイメージ変身ノート』発売記念・熊本こころの復興イベントを、
2016年6月11日(土)、熊本市の長崎書店様にて
開催させていただきました!

当日は夏本番のような暑さ。
イベントがどこかしこで行われている中、56名もの方々にご参加いただきました。
本当にありがとうございました。

心の深いところを刺激される、素晴らしい時間となりました。

【第1部】 山本トースネスみゆきさんによる講演とワーク

安心感や希望はどうしたら生まれるかについて、
自らの体験や理論を交え、わかりやすく語られました。
心を内に向けていくワークでは、多くの方が涙されていました。

熊本こころの復興イベント3

【第2部】藤岡靖也さん・典代さん、葉山祥鼎さん、山本さんによるトークセッション

熊本の地震を経験して見えてきたもの、心に決めたことなどが語られました。
この地震を希望に変えていこうとの4方のメッセージは深く勇気づけられるものでした。
とりわけ、美術館が大打撃を受けられた葉山祥鼎さんからは、
「南阿蘇のためにも希望の灯を消さない」と力強いメッセージをいただきました。

熊本こころの復興イベント2

その後、絵本セラピストの中山理紗さんによる『キツネのフーくんと風の郵便屋さん』の朗読が行われましたが、葉山祥鼎さんのサプライズで、ヒーリングピアニストのKEIさんが生演奏してくださり、心がホッと癒やされるような時間でした。

最後に、「しましまの木」オーナーの藤岡典代さんよりサプライズが!
グラノーラと、本イベントオリジナルのお菓子のしおりが参加者に配られました。

募金箱には、たくさんの愛念が寄せられ(何十枚もの紙幣が!)
葉祥明美術館の復興支援として葉山祥鼎さんにお渡ししました。

熊本こころの復興イベント1
↑終了後は全著者によるサイン会が行われました。

熊本地震は、大火災のあった阪神淡路大震災とも、
津波が町をのみ込んだ東日本大震災とも性質を異にする、
「今までにない地震」とのことです。
震度3以上の地震が1カ月間で300回以上も起きて何でもないはずはありません。

これからますます、山本トースネスみゆきさん、藤岡靖也さん・典代さん、葉山祥鼎さんの活動が広がり、熊本の方々の「こころの復興」が進むことをお祈りいたします。

本イベントに際して、facebookでシェアいただくなど、
多くの方に応援いただきましたこと、心よりお礼申し上げます。

 

 

 

グッドブックスの本
ショッピングページはこちら
グッドブックスのブログ
グッドブックスの自費出版

メルマガのご登録/解除は
こちらからどうぞ

PAGETOP
Copyright © グッドブックス All Rights Reserved.