グッドブックスは、「この本に出会ってよかった」と喜ばれるような本を出版してまいります。
グッドブックスのブログ

出版を考えている方へ

本の印税とは?

出版に興味のある方や、いずれ本を出したいと思っている方のために、出版にまつわる情報をブログに書いています。 今日は印税の話です。   印税って何?   本の印税とは、著作権使用料のことです。 著作権を …

印税イメージ1

資金がなくても出版できる方法②~スポンサーの獲得~

  資金がなくても出版できる方法のひとつとして、前回はクラウドファンディングを紹介しました。 今日は、もう一つ紹介します。スポンサーの獲得です。   スポンサーって、どんな人?   スポンサーというと …

スポンサー

資金がなくても出版できる方法①~クラウドファンディング~

  良い企画と原稿があるけれど、商業出版は難しそう。 しかも、自費出版する資金がない! そんな方に、資金がなくても出版できる方法をご紹介します。 夢を支える仕組み、クラウドファンディング   クラウド …

クラウドファンディング

自費出版でも書店に置いてくれるの? 

  書店に並ぶたくさんの自費出版 意外に思われるようですが、本屋さんに並んでいる本は、すべて商業出版とは限りません。じつは自費出版本がけっこう置かれています。 出版不況といわれる現在は、自費出版や共同出版の率が …

書店

出版社は持ち込み原稿のどこに注目するのか

    出版社に原稿を持ち込めたとして、可否を判断されるのはほんの一瞬。 そのときに判断材料となるのが企画書やプロフィール、プラス筆力のある人かという点です。つまり、多くの人を共感・説得できる文章を書けるかとい …

出版社がやっている原稿の進め方 

     今日は単行本の原稿の進め方について一つの例をお話しします。 編集者が実際に著者とどのように進めているか、という話です。   まずは原稿の全体像を作り上げる   自分が書こうとしてい …

原稿の書き方

出版社が身を乗り出すようなプロフィールの作り方

                               企画書の中に書く著者プロフィールは、とても重要です。 私だったら、まずここに注目します。 どんなに良い企画書であっても、著者がどんな人であるのか、どんな経験を …

プロフィール

出版社が身を乗り出すような企画書の書き方 

  持ち込み原稿に欠かせない企画書   出版社に原稿を持ち込む際にぜひ付けてほしいもの。それが企画書です。 企画書とは、この本はどういう本で、どんな人向けのものですよ、筆者はどんな経歴ですから信頼でき …

企画書

本を出したいと思ったら、コネを見つけよう

  本を出したいと思ったら、企画や原稿づくりも大事ですが、同時に、出版社に持ち込む際に有利な紹介者(コネ)を見つけておくことをオススメします。   出版の大半はコネで成り立っている   じつ …

無名の著者が大手出版社から出版するには

   どうせなら誰でも知っている有名な出版社から出版したい。 その気持ち、とても分かります。講談社や新潮社で本を出したとなると、それだけでステータスがぐんと上がりますから。 でも、そんなことできるの?という方のために、ひ …

有名出版社から出版する方法
Page 1 / 3123
PAGETOP
Copyright © グッドブックス All Rights Reserved.