『移民難民ドイツ・ヨーロッパの現実』の広告を河北新報(第一面)に出しました。

本書は、ドイツ在住の作家・川口マーン惠美さんが長年にわたって書き記してきたEUの移民難民問題を一冊にまとめたもので、移民の受け入れを表明したともいえる日本にもじゅうぶんに起こりうる問題でもあります。

朝鮮半島や香港に動乱や有事が起きた際には、大量の難民が日本海を渡ってくる可能性も高く、そうしたときに日本はしっかりと対応できるのか。EUではものすごい数の難民が地中海を渡ってやってきました。本書は日本がEUの轍を踏まないために書かれました。どうぞ、ご一読下さい。詳しくは、こちらをご覧下さい。>>>

河北新報移民難民