みずほ銀行チーフマーケット・エコノミストの唐鎌大輔さんが、日経COMEMOにて、川口マーン恵美さん著『移民難民ドイツ・ヨーロッパの現実』を論評してくださっています。

唐鎌さんは、日頃から欧州をウォッチされているエコノミストですが、数年外国に住んでその国のことをよく知っているかのような言説が多い中、川口さんの文章には長年そこで生活している人にしか書けない深い視点があることを引用を交えて語っておられます。

記事内容は、こちらから>>>

本書の詳細は、こちらから>>>