3月30日、経団連会館において、第38回エネルギーフォーラム賞の贈呈式がおこなわれ、
弊社刊行の川口マーン惠美著『復興の日本人論~誰も書かなかった福島~』へ特別賞が贈られました。

当日、川口マーン惠美さんは春らしい和服姿で会場に訪れ、スピーチでは、本書刊行の苦労話を披露されました。
担当の良本へも「これほど内容の充実した本はそうそうない」「素晴らしい本を作ってくださいました」「装幀もとても良いですね」とお褒めの言葉やねぎらいの声をたくさんいただきました。

 

 

 

 

 

3.11以降、原子力エネルギーについて話すことさえはばかられる風潮が続いています。日本の未来のためにも、エネルギー論議の活性化は不可欠で、著者が足を運んで日本国民に問いかけた本書を多くの方々の手に渡るよう、今後も普及していきたいと思いました。(『復興の日本人論』編集担当、良本和惠)