グッドブックスの本 | グッドブックスは、本の力を信じて"良い本"を作りつづけます。

booksグッドブックスの本

日本書紀〈1〉神代─世界の始まり 全現代語訳+解説

読み物・自己啓発

日本書紀〈1〉神代─世界の始まり 全現代語訳+解説

寺田惠子 著

今から1300年前に成立した、最古の正史「日本書紀」。
女子大や社会人講座で人気の講師が日本書紀30巻をすべて現代語に訳し、わかりやすく解説したシリーズ(全8巻、年2巻刊行予定)。

第1巻は、天地開闢からイザナキとイザナミの国生み、天の岩窟隠れ、天孫降臨、カムヤマトイワレビコ(神武天皇)の誕生までを収録。
好評発売中!(6月10日発売)

 

※下のボタンは、グッドブックスのオンラインストアのサイトに飛びます。

ありそうでなかった!「日本書紀」全文の現代語訳+解説本


『日本書紀』についての一般書は、全現代語訳だけで解説のないもの、あるいは印象的な部分を拾い出してまとめたものがほとんどでした。

幸いにも、社会人講座において、日本書紀30巻の原文を現代語に訳しながら解説を加えるというスタイルで人気を博している寺田惠子先生(古事記学会理事)がおられました。
その8年に及ぶ講義を元に、声に出して読みたくなる現代語訳、深い解説を加えて、わかりやすく本にまとめたのが「日本書紀 全現代語訳+解説」シリーズです。

第1巻は、「神代の巻」と呼ばれる神話の部分を収録。
現代語訳と解説を色分けして読みやすくしています。

ページ見本ヤマタノオロチあたり上n

印象的なシーンに水墨画を挿入しています。描いてくださったのは、ダイナミックな作風で知られる渡邊ちょんとさん。
イザナキとイザナミ、アマテラスとスサノヲの誓約(うけい)などを1ページや2ページ(見開きページ)に収めています。

 

重要な内容を含む「別伝」も、すべて現代語訳

『日本書紀』には「一書にいう」という形で多くの別伝が記されています。
一般向けの日本書紀の本のほとんどが別伝を割愛していますが、じつは別伝の中には重要な内容が含まれており、また別伝を割愛してしまうと辻褄が合わなくなる部分も出てきます。そのため本書では、別伝もすべて現代語訳して解説を加えています(下のページ見本参照)。『古事記』にない神話のバリエーションを楽しむことができます。

 

解説の面白さ、深さ

本書の魅力は、なんといっても、著者・寺田惠子先生の解説。例えば、

◎男女の交わりのシーンを神話に入れたのはなぜか(国生みの段)
◎世界の神話におけるアマテラスの特殊性(天のイワヤの段)
◎大地母神としてのイザナミ、そして生と死の起源(神々の誕生の段)
◎ヤマタノオロチの正体(ヤマタノオロチの段)

など。ストーリーの面白さだけではなく、そこに込められた深い意味、また比較神話学の観点から、当時の人々が考えた「日本」を読み解きます。

中学生から読める本づくり

「日本書紀は長くて難しい」というイメージを抱いている人が多いとか。
そこで、本文(現代語訳)を少しずつ切りながら、解説を加えていく形をとり、小見出しをつけて内容が一目で分かるように工夫しました。

説明のいる難しい言葉は、脚注で本文の下に置いて解説しています。
また、神様名や見慣れない漢字にはフリガナを振り、中学生からでも読める本づくりを目指しました。

 

日本書紀書影帯付き

寺田惠子著(訳・解説)
『日本書紀  全現代語訳+解説〈一〉神代─世界の始まり』
四六判・並製、240ページ、本文2色刷 定価1,870円(本体1,700円+税)

初めて「日本」という国の名を冠して、日本のアイデンティティを内外に示した書「日本書紀」。神々の時代から、日本建国、国内外の緊張や動乱、そして古代国家の安定期に至るまでの物語。その30巻をすべて現代語に翻訳し、一般の人向けにわかりやすく解説。年2冊、全8巻刊行開始! 

 

本書の構成(第1巻内容)

〈第1段〉 天地ひらく
〈第2段〉 イザナキとイザナミ
〈第3段〉 神世七代(かみよななよ)
〈第4段〉 国生み
〈第5段〉 神々の誕生
〈第6段〉 アマテラスとスサノヲの誓約(うけい)
〈第7段〉 天の石窟(いわや)
〈第8段〉 ヤマタノオロチ
〈第9段〉 天孫降臨
〈第10段〉 海幸・山幸
〈第11段〉 カムヤマトイワレビコ(神武天皇)の誕生

 

著者(訳と解説)プロフィール

寺田プロフィール正面hp小

寺田惠子(てらだ・けいこ)

東京都生まれ。豪州シドニー大学を卒業後、日本女子大学大学院博士課程単位修了。湘南短期大学教授を経て、現在、学習院女子大学、和洋女子大学講師、古事記学会理事、上代文学会理事。古事記、日本書紀、万葉集の講義は社会人講座等でも人気を博す。編著書に『日本神話事典』『万葉ことば事典』(共著、大和書房)などがある。

 

以下、続刊予定のテーマ(年2回刊行)

 

日本書紀€_1_5

〈第2巻〉建国と神々の祭り(神武天皇~欠史八代、垂仁天皇)

〈第3巻〉ひろがるヤマト(景行天皇~応神天皇)

〈第4巻〉巨大古墳の時代( 仁徳天皇~雄略天皇)

〈第5巻〉海外との往来ー緊張と需要(清寧天皇~欽明天皇)

〈第6巻〉日出ずる国(敏達天皇~皇極天皇)

〈第7巻〉大化の改新から壬申の乱( 孝徳天皇~天智天皇、天武天皇 上)

〈第8巻〉律令国家へ(天武天皇 下~持統天皇)